人気ブログランキング |

田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

運が良いか悪いのか プラソムキアットの法話-2

幸運があり、運が尽き、高位に上り、落ちぶれ、ほめられ、けなされ、楽あり、苦あり、この八つの世事は人が常に出会っています。自分だけが不幸ということはありません。だれでもこの世事に常に出会っています。でも大切なのはそれに対して自分の心がどのように対応するのかです。


c0142471_7241373.jpg

Illustration by makoto/soshou asakura
作画 朝倉誠/塑象

 
昔あるところに、雌馬をなくした農夫がいました。雌馬がいなくなったとき、村人は「運が悪いねえ」と言いました。しかしその翌日、その雌馬が強くて立派な牡馬をつれて戻ってくると、村人は「運がいいねえ」と言いました。きのうは「運が悪い」と思ったのに、きょうは「運がいい」と思うのです。きのうは「損をした」と言ったのに、きょうは「得をした」と言うのです。どちらが本当なのでしょう。得をすることと損をすることでは正反対です。
農夫の息子はその立派な馬に乗った時に落馬して、足を骨折してしまいました。そこで人々はみな「運が悪いねえ」と言いました。ところが戦争が勃発し、力のある男たちはみんな徴兵されました。多くの男たちが戦場で戦い、死んで行きました。農夫の息子は足を骨折したために、戦争には行けませんでした。これは得したのでしょうか、損したのでしょうか。運がよかったのでしょうか。運が悪かったのでしょうか。そんなこと誰が決めるのでしょうか。
(中国の「人間万事塞翁が馬」に由来する)

 私はこのような世事に出会う時、大事なことは動揺せずに冷静になることだと思います。今、幸せになっているからこの幸せはいつまでも続けるとは限りません。なぜなら、この幸せは無常とともなうもので、物事に頼らなければならなく、真の幸せではありません。
 世事に出会う時、動揺せずに瞑想を通して心を落ち着かせることが一番効果的です。一時間だけの瞑想でだめだったたら、二時間。それでもだめだった三時間。このように行い続ければ間違いなくいつか心が安定になり、冷静に世事と対応できるようになるでしょう。さらに、静止になっている心こそが、真の幸せに近づくための第一歩です。

それでは、以下のビデオをご覧になってください。
http://www.youtube.com/watch?v=E-Ac3s-IzIY
by mugenz123 | 2011-09-19 07:25