田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

窯変茜釉麦酒杯

c0142471_7271097.jpg
銅は赤と緑は酸化と還元によって発色します。同じ器に赤と緑の同事発色は不可能と窯業科学では考えますが、焼成や配合の工夫で窯変によって発色が可能になりました。窯変での表現は酷く不安定で歩留まりの悪い仕事です。ここ数年は発色せず悩んでおりましたが仕事環境のインフラ整備でどうにか再現出来たので安堵した気持ちです。

ゴッホが赤と緑の2色の相反する補色で男と女の情念を表現したいと弟テオへの手紙に書きました。私はこの手紙を読んだ時に相反する焼成法で発色する2色を一つの器に表現出来ないかと矛盾を現実化する方法を考えたのがはじまりでした。

東洋哲学では陰陽五行で宇宙観を表します。現代でも懐石料理などで盛りつけや食器の選び方にもこの哲学は生かされています。陰陽を赤と緑で表現し五行へ進化する前の根源的で宇宙的なエネルギー‥‥‥‥科学ではビッグバーンであったり宗教ではブラフマン(神)であったりする根源的な表現ができたらと考えています。

実際出来上がってみると赤と緑の相対する色が調和することで調和や愛や美を私は感じますがある時は強く不調和を感じます。陰陽のエネルギーが五行を生み相生と比和により調和された美しさが見いだせますが、相剋と比和によってまたある時は目を背けたくなるほどの不調和が生まれるのと同じようです。
c0142471_6512796.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2013-06-30 06:52

凄い事が起きてました

凄い事が起きてました。昨年、私が作ったお地蔵さんや招き猫を購入したお客さんから高額宝くじ当選や結婚や子宝の願い成就などなど。カワイイ顔つきで見たときに心がホッとして和んでもらえればと思って作ったのですが‥‥こんなウレシイ事が沢山起きていたのには驚きました。報告にこられたお客さんにお地蔵さんを持ってもらって写真を撮っとけばよかったのにと友人に云われました。次回からはそうしようとおもいます。 店先で大きな声で話すと嘘っぽいセールストークになりそうなので、購入してくださったお客さんだけにこっそりこの話をしました。
c0142471_629170.jpg
c0142471_6293033.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2013-05-06 06:31

新作陶器

笠間のひまつりに出店します。4/29~5/5
c0142471_2065049.jpg
c0142471_207373.jpg
c0142471_2072332.jpg
c0142471_207598.jpg
c0142471_208166.jpg
c0142471_208402.jpg
c0142471_201019.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2013-04-21 20:10

冬支度

冬支度もかね仕事場の屋根が傷んで来たので屋根の塗装を業者におねがいしました。僕は高所恐怖症なので屋根の上では目眩を起こして腰を抜かしてしまいます。そうでなければ自分でペンキを塗るのですが。
c0142471_19365931.jpg
屋根面積だけで60坪なので大きな出費です(;;)。仕事場の周りの木も大きくなって、落葉がトタン屋根を傷めるので思い切って木を切り落としています。剪定した枝は乾燥させ燃やして釉薬の材料の灰をつくります。灰は一年くらい水簸して灰汁(水溶性のアルカリ分)を抜くとできあがりです。場合によっては何年も水簸します。この灰に長石などを混ぜると釉薬の完成です。今年は庭木の剪定の量が多いので仕事場の暖房に使うのものも良いかなと考えています。
[PR]
by mugenz123 | 2012-10-31 19:38

窯焚き

c0142471_943314.jpg
窯から出したばかりの揃い。久々の窯焚きだったので焼き上がりが心配でしたがどうにか無事に焼き上がりホットました。工業製品と違い手づくりの陶器は土と対峙し火と闘い天の気を伺い創作しますので自然と一体となる無我の境地が重要です。作品は己と自然との調和が生んだ結晶になるようにと願っています。
c0142471_1931311.jpg

ceramics produced by asakura

二窯目の織部がさきほど仕上がった。織部の名の由来は古田織部から来てる云われるが加藤唐九郎がオリーブ色から織部と云われるようになったと本にあったが‥‥古田織部説が正しいと思う。古田織部はアバンギャルドな人でユニークなデザインで時代を湧かせたが、徳川時代に移行する頃には織部のデザインは人気が落ち窯跡に織部デザインの器が沢山捨てられた。現代では再評価され数奇者に好まれる。この写真の織部は緑だが技法からいうと赤織部酒器になる。今夜も窯焚きで夜中に終了予定。
c0142471_19314630.jpg

ceramics produced by asakura
c0142471_9433140.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2012-10-09 19:33

仕事復帰

昨年の10月に親指の関節手術をして、
今年の8月に本格的に仕事を再開する事ができました。

2月からリハビリを兼ねて小さなお地蔵さんなどの手の負担がないものを作り始め、
8月にはロクロ作業ができるまでに回復でき
うれしい限りです。
c0142471_1848352.jpg


9月に入ってからは、凶暴性がある痴呆の老人にからまれ罵られたり、3mの脚立からコンクリートの床に背中から落下したりで、災難続きでしたがどうにか大怪我もせず無事に仕事をこなしています。

現在作っている物は10月中旬に仙台市の近くの村田で行なわれる陶器市で販売する予定です。これが回復後の初仕事になります。

後一週間で窯焚きも始まりますので、
気ぜわしい感じになってきて緊張感がたかまっています。

仕事の再開を聞きつけて作品のオファーもあるので、
不安定な術後の生活から早く抜け出し、
以前の状態に早く戻れる事を祈るばかりです。
[PR]
by mugenz123 | 2012-09-20 18:51

仕事再開と決心

昨年の8月からトータルで8カ月もタイで瞑想修行で過ごし

現在は北海道で放射能避難も兼ね晴耕雨読の生活を

5月末からしているがそろそろ終焉をむかえる。

長い時間、陶芸と版画制作を休んでいたが

創作テーマを観音、地蔵、仏陀など仏教にテーマに絞り込んで

陶像と画の制作を再開することにした。

c0142471_193330.jpg

Illustratin by makoto/soshou asakura  イラスト朝倉誠・塑象


世界の名作絵画には宗教をテーマにしたものが多く深く理解され評価されて

いるが、具体例だと中世のミケランジェロやダヴィンチや

近世ではルオーなどが キリスト教をテーマにした名作をたくさん残してる。

中世のヨーロッパの絵画芸術は宗教知識がないと理解できない。

日本では棟方志功が仏教をテーマに作品を制作して

海外でも高い評価がある。

世界中の作家が宗教をテーマに創作しているが、

ややもすると日本ではカルト集団事件で

宗教アレルギーもありで嫌われやすいテーマかもしれない。

日本は不景気、地震、原発など社会不安が大きいので心の癒しになればと

創作するので慈悲や慈愛に溢れた作品になればよいのだが。
[PR]
by mugenz123 | 2011-06-30 19:21

茨城県陶芸美術館の催し



●光をはなつ−釉と金彩
10月6日(水曜日)〜平成23年1月23日(日曜日)
茨城県陶芸美術館
朝倉塑象作金銀彩大鉢を出品してます。

c0142471_17361489.jpg


c0142471_1521433.jpg



●人間国宝と古陶−対峙する眼と手
会期:平成22年9月18日(土曜日)〜11月21日(日曜日

「芸術上価値が高く、芸術に資する技術として貴重であり又は工芸史上重要な位置を占めるもので、かつ地方的特色が顕著なもの(重要無形文化財指定基準第4項)」 —当館では、開館以来、やきものの「技術」と「芸術」に注目し、重要無形文化財保持者—いわゆる「人間国宝」の作品の収集と紹介につとめてきました。

各地で古窯趾の発掘や研究が進み、多くの名品を目にすることができるようになった近代、日本の陶芸家たちは古陶磁と対峙しました。ある作家は産地に眠る古来の技術を「復興」することから、またある作家は、他産地の窯を巡るなかで「発見」した技術を、自らの制作の刺激剤とすることから,新たな表現を生み出しました。「人間国宝」たちは、それぞれの地方に伝わる技術をどのように継承し、またどのように新たな表現を生みだしてきたのでしょうか。

本展では、今年度新たに認定された加藤孝造(瀬戸黒)を含む陶芸分野の人間国宝34名の作品が勢ぞろいします。古陶磁と近代の名品を向かい合わせて展示し、人間国宝たちの技術のルーツと、新たな表現の展開を探ります。

●古陶の譜−中世のやきもの 六古窯とその周辺
会期:平成23年1月2日(土曜日)〜3月21日(日曜日)

六古窯とは、今も連綿と続く備前、丹波、信楽、常滑、瀬戸、越前の総称です。戦後まもなく提唱され、中世陶磁器の代名詞として定着しました。しかし近年、全国各地で古い窯跡が相次いで発見され、その見直しが図られています。日本人の美意識の源泉ともいうべき六古窯をはじめ各窯業地の名品を紹介します
[PR]
by mugenz123 | 2010-10-07 15:22 | 陶芸
観音の絵を再び描き始めた。
新作陶器はお地蔵様と招き猫。
なんだか縁起物づいてしまってるが……制作は楽しい

観音様
c0142471_9322965.jpg

お地蔵合唱団
c0142471_9315134.jpg

盆踊り猫
c0142471_9321019.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-07-15 09:36
茨城県笠間市で連休は陶炎祭(ひまつり)と
陶芸美術館で笠間のルーツの展覧会をやっています。

陶炎祭(ひまつり)は250軒の作家が出展する大規模な陶器市で
上野駅から陶炎祭のための臨時直通便もでます。

陶芸美術館の笠間のルーツの展覧会は笠間の陶芸の歴史をひもとく展覧会で過去から現代作家の作品までがみれます。

どちらにも出品しています。
c0142471_7274968.jpg
c0142471_728976.jpg
c0142471_7282496.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-04-22 07:29 | イベント