田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:陶器市 ( 6 ) タグの人気記事

新作陶器

笠間のひまつりに出店します。4/29~5/5
c0142471_2065049.jpg
c0142471_207373.jpg
c0142471_2072332.jpg
c0142471_207598.jpg
c0142471_208166.jpg
c0142471_208402.jpg
c0142471_201019.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2013-04-21 20:10

仕事復帰

昨年の10月に親指の関節手術をして、
今年の8月に本格的に仕事を再開する事ができました。

2月からリハビリを兼ねて小さなお地蔵さんなどの手の負担がないものを作り始め、
8月にはロクロ作業ができるまでに回復でき
うれしい限りです。
c0142471_1848352.jpg


9月に入ってからは、凶暴性がある痴呆の老人にからまれ罵られたり、3mの脚立からコンクリートの床に背中から落下したりで、災難続きでしたがどうにか大怪我もせず無事に仕事をこなしています。

現在作っている物は10月中旬に仙台市の近くの村田で行なわれる陶器市で販売する予定です。これが回復後の初仕事になります。

後一週間で窯焚きも始まりますので、
気ぜわしい感じになってきて緊張感がたかまっています。

仕事の再開を聞きつけて作品のオファーもあるので、
不安定な術後の生活から早く抜け出し、
以前の状態に早く戻れる事を祈るばかりです。
[PR]
by mugenz123 | 2012-09-20 18:51
茨城県笠間市で連休は陶炎祭(ひまつり)と
陶芸美術館で笠間のルーツの展覧会をやっています。

陶炎祭(ひまつり)は250軒の作家が出展する大規模な陶器市で
上野駅から陶炎祭のための臨時直通便もでます。

陶芸美術館の笠間のルーツの展覧会は笠間の陶芸の歴史をひもとく展覧会で過去から現代作家の作品までがみれます。

どちらにも出品しています。
c0142471_7274968.jpg
c0142471_728976.jpg
c0142471_7282496.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-04-22 07:29 | イベント

陶器市



日 程

4月29日(水・祝)〜5月5日(火・祝)までの7日間

時 間

午前9時〜午後5時(5月3日は〜午後9時)
駐車場の開場は午前7時です。

会 場

笠間芸術の森公園イベント広場 (茨城県笠間市笠間2345)

企画展

「まったりのんびり茶器展」(伊藤園)
「おうちでカフェ展」(タリーズコーヒー)
「キリンカップ展」(キリンビール) 

夜まつりLIVE

5月1日(金) 17:30〜  宮崎勝央GROUP
5月3日(日・祝) 18:30〜
近藤 房之助・村上"ポンタ"秀一・伊太地山伝兵衛

店番213 朝倉塑象で出店
c0142471_2175551.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-04-24 21:06 | イベント

江別の陶器市

7月12日(土)と13日(日)は北海道江別市の陶器市に出店してます。
ブース番号117(イイナ)です。♪♪

江別は酪農と小麦の農産物と
良質の粘土が採れるのでレンガの町として有名です。

かつては石狩川を水路にした農産物の発着場として発展し、
現在でもレンガ作りの倉庫がその面影を残してます。
近辺には南幌温泉、新篠津温泉、市内の野幌でも新温泉場ができました。

陶器市でお買い物、温泉に入って、町村牧場でアイスクリーム
のコースも素敵ですよ。♪♪
また野幌原始林にある明治村も散歩コースにオススメ♪
[PR]
by mugenz123 | 2008-07-12 06:53 | イベント

お祭り終了

7日間の笠間の陶炎祭も無事終了。

陶炎際用に用意した作品類はほぼ完売した。

さてさて、、、我が工房の売りは上品な高級和食器である。
だから接客も上品に丁寧な言葉で対応するのが基本なのだ。

現実の陶器市はテキ屋商売なのでお客さんは 
値引き交渉を楽しみにしている。
お客さんに
「まけてよw〜」と言われ、
対応してると上品に丁寧な対応が
段々とバナナの叩き売り的状態になっていく。

「いらっしゃいませ。」から始まり「ありがとうございました」
で終わる予定のセールストークが、
「へい!いらっしゃい」から始まり
「しょうがねぇな〜ええぃ〜もってけぇ〜ドロボw〜!」
「ありがとよ!」になってしまうのだ。
しかも、お客さんもその方が喜ぶのだ。

我が工房作品はあくまで上品な高級食器なのだが……
[PR]
by mugenz123 | 2008-05-06 05:49 | イベント