田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:超能力 ( 2 ) タグの人気記事

昨年、タイでの長期の瞑想修行の寺隠りから還俗してしばらく厭世的生活をしてしまった。理由は一時期的であったが還俗後しばらくある種の超能力的なものが、人の心を読み解いてしまうからであった。
ほとんどの人は仏教で説くところの三毒の貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の諸悪、苦しみの海で大波のように三毒を増幅させて醜く生きている。だからイジメや戦争や殺人などの悪業が起きるのだろうと理解している。
これが世俗生活そのものなんだと気がつくと寺での厳しい戒律生活も理想に思え厭世が増幅してしまっていた。
世俗生活もしばらくすると徐々に厭世感も消え、不思議と三毒も生きて行く上のスパイスであり、毒も適量は薬であると思えてしまい、寺隠りを再び始めようとも考えなくなり世俗生活に無事着地することができた。
寺で修行した瞑想は心のリセットをしたり強迫観念を消したり、心によい結果をもたらすので、よき生活必需習慣となっている。また創作のテーマやヒントにもしている。
瞑想での結果を日誌に付けてるが、瞑想は言葉だけでは表現しきれない。たとえば、「甘い」ということを伝えるときに、いくら口で表現してもわからない。同じ甘さでも白砂糖の甘さと蜂蜜の甘さは違うし、果物でもリンゴ の甘さと柿の甘さは違います。この甘さを本当に知るには自分が味わってみる以外にはわかりようがない。これを「冷煖自知」とか「言詮不及、意路不到」とも いいます。
私の場合は言葉以外で表現を助けるものに絵の世界があるのでPCを利用して短時間で感じた事を瞑想画として瞑想を記録する補助としてる。この絵の多くはエスキースで、いつかは油絵か樹脂絵の具で大画面に仕上げたいと考えてます。
また陶器の表現に瞑想から感じる光を表現出来ないか模索していて試作をしようと考えてますので陶芸の創作にも良いヒントを貰っています。
c0142471_10522447.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2012-11-08 10:55
昨年のタイでの瞑想指導者コースで人の性格について、
瞑想修行をしても性格を変えるのは難しいと言った
タイの有名女性瞑想家クンヤイ(故人)の話を聞きました。

瞑想修行してると心が穏やかになりとても良い状態になるので
自分の性格が変容してるように思ってしまうのですが、
瞑想をサボると性格自体は変わってない自分に気がつきます。

クンヤイが言うように性格は瞑想で簡単に変えれないようですね。
仏陀が三毒(貪・瞋・癡(とん・じん・ち))が苦を生む要因なの
で克服すべきことと説いていますが、

無知無明が三毒を生み麻薬のような快楽をもたらし
性格や身体を蝕み救われない人が多いのは残念ながら事実です。

下手にお付き合いしてると危害をもたらすので
そのような人とはお付き合いしないのが無難でしょうね。

そんな人格(一闡提)を見極めるのも難しいのですが
理不尽に激怒する人、愚痴が多い人、嫉妬深い人、人の話を聞かない人、自慢話ばかりする人、過去にこだわり未来を否定的にとらえる人や人の夢や希望にも否定的に反応する人は要注意人物です。年をとってくるとこのような人が増えてくるのは残念ですね。

周囲にそのような人は嫌われますし意識的に近づかないようになります。周りに当てはまる人がいたらその人に癌などの大病経験や持病があることがほぼ間違いなく確認出来ます。よい人格の人も当然病気になりますが三毒の強い人は病気になりやすいので明るく人に優しく過ごすのが大切でしょう。



c0142471_626647.jpg

オブジェ制作: 朝倉誠/塑象   タイトル:ARHAT/阿羅漢
修行でこの段階まで達すると超能力がつくそうですが
インチキが多いので信じていないのが一般的ですね。
タイ人の僧侶によると心を読む高僧がいて心を読まれるので
若い修行中の僧侶は怖がって会いたがらないそうです。



瞑想修行すると超能力がつくと言われますが、
性格を簡単に変える事が出来ない瞑想で超能力がつくか否か?


実は驚く事ですが
経典に修行も最終段階に近づくと超能力がつくと書かれています。

仏陀は修行者が人の心を読んだり、
未来を予知したり過去性を観たりすることを厳しく禁じています。

だから、占いや開運などの怪しげな商売で悪霊が憑いてると
高額料金をとってお祓いするのは、とんでもない行為です。
修行もしてないインチキ業者がそのような不安を煽る行為をするの
で騙されない事が肝要です。


感度がよい人が瞑想すると初期段階から悪霊が観えたり
取り憑いたりします。
タイの東北の山奥の寺院では心(仏性)を身体に収めず瞑想修行を
する僧侶が多くいつも霊と対峙してるそうです。

霊を観るのは超能力でもなんでもなく
個人差がありますがそんなに難しことではなく普通におきることです。
それを利用してお金儲けにしてる人々は最悪の人たちです。

観える悪霊は無視すれば悪さをする事もないのですが、
自分の心(仏性)を仏教やヒンズーや宗派によって
若干差異がありますが、お腹や胸にあるポイントに仏性を
収めると悪霊に影響されず深い瞑想に達して
智慧が生まれると教えています。

幸福な人生をもとめるなら、瞑想で自分の仏性の存在に気づきそれを磨き輝かせることも大事なことです。
瞑想施設にキリスト、イスラム教など他宗教の人も多く瞑想を勉強しにくるので宗教を超えたものです。
[PR]
by mugenz123 | 2012-03-05 06:52