田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

冬支度

冬支度もかね仕事場の屋根が傷んで来たので屋根の塗装を業者におねがいしました。僕は高所恐怖症なので屋根の上では目眩を起こして腰を抜かしてしまいます。そうでなければ自分でペンキを塗るのですが。
c0142471_19365931.jpg
屋根面積だけで60坪なので大きな出費です(;;)。仕事場の周りの木も大きくなって、落葉がトタン屋根を傷めるので思い切って木を切り落としています。剪定した枝は乾燥させ燃やして釉薬の材料の灰をつくります。灰は一年くらい水簸して灰汁(水溶性のアルカリ分)を抜くとできあがりです。場合によっては何年も水簸します。この灰に長石などを混ぜると釉薬の完成です。今年は庭木の剪定の量が多いので仕事場の暖房に使うのものも良いかなと考えています。
[PR]
by mugenz123 | 2012-10-31 19:38

ラオス滞在

ヴィザの取得でラオスに滞在している。
静寂でよいところだ。
山岳部の間を流れるメコンの支流が美しいので
撮影したのでアップ。


c0142471_11553262.jpg


c0142471_11561810.jpg

1/21&22,2011ルアンプラバーンにて
[PR]
by mugenz123 | 2011-01-23 11:57

草刈スル男

今から秋までは凄〜く雑草がはえてくる。
ほっとくと我が家の庭はジャングルとになる。

ジャングルになるとあらゆる虫が集まって来て
虫パラダイスになってしまうので草刈りをしなければ大変なことになる。

敷地450坪のうち草刈りしなければならないところが400坪ある。
毎日1〜2時間を草刈り時間にしばらくあてることにした。
北海道の人は冬の雪かきが大変というが本州の夏の田舎の草刈りも大変。。

除草剤を撒く人が多いけど我が家は絶対に撒かない。
真夏は完璧に根から除草するより
刈り込む程度にしといたほうがはるかに涼しく居心地がよいが、
こまめに刈らないといけないので大変。。。
c0142471_839468.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-06-18 08:39 | 田園生活

八分連譜の痣

左手親指の爪の中に
打撲で八分連譜♫の痣ができてしまった。
なんだか縁起がよさそうなので、
消えないでと思っている。
写真は写りが悪いけどしっかりとした八分連譜♫です。

ところで陶芸などのハンドクラフトをしてると
制作作業でミルという感覚を総動員している。
ミルは、視る、見る、看る、観る、をすべて使う。
そのなかで念で見るのは「観る」で、手の目で見るは「看る」だ」
陶芸の制作には手で見る「看る」が一番重要で
次に観る、視る、見るとなる。

そんなわけで看る手に八分連譜の痣ができたのは
なにか良い事のお告げかな?。
c0142471_15522269.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-02-21 15:53 | 陶芸

小さな春を発見

とても気持ちのよい日射しに薄紅色の小さな春を発見。

もうすぐ春ですね。
c0142471_9115736.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-02-02 09:12 | 田園生活

埋蔵金発掘??

我が家の南50mの地点で発掘作業が始まった。

来週になると全体像がわかるらしい。

調査員の話だと1000年ほど前の遺跡らしい。

時代は平安時代だ。

当時、京への献上品も作ってたらしいので何が出てくるか楽しみ。

遺跡のところは土の層が違っていて若干黒く見える部分。

この土地は市の所有なので埋蔵品が出てきても市の所有物だそうだ。

ところで、我が工房の失敗作もたくさん庭のすみに埋めてあるので

千年後の人は遺跡と勘違いして発掘するのかもしれないな。。。。。
c0142471_15271018.jpg
c0142471_15272572.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-08-20 15:28 | 田園生活

滝に打たれて瞑想

今朝、駒場の滝へ山越えして行ったのだ。

静寂な山の麓の滝だ。

滝のそばに行くと清流の水しぶきが体にはねかえり
ヒエ〜 滝に打たれるのをやめよう的気分が満ちるのだ。

そこをエイヤッ的心持ちで突進すると別世界突入する。

30秒程の滝打を数回繰り返すと……
邪念が流され癒しの精霊が舞い降りてくる。

c0142471_17204924.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-08-03 17:21 | 田園生活

織部の肌合い

織部焼きには赤織部、黒織部、青織部など色々なタイプがあり
古田織部(昔の陶器のアートディレクター)の意匠から名称はきてるらしいが
外国人がオリベが緑なのでオリーブと呼んで
オリーブ=オリベになったと言う諸説などがある。
どれが本当か知らないけど、古田織部説が有力だとおもう。

冬場に茶懐石などで織部づくしのもてなしなどもあって
和食器の中では伝統的な意味でも代表といえる。

c0142471_22342251.jpg

c0142471_8482722.jpg


最近は絵付けの磁器など色んな事してるけど、
織部研究というか織部制作年数は15年だ。
なので、焼成や配合や土など多少の知識がある。

そんなわけで涼しげな清流と水草のイメージで夏向けのデザインを
してみたのがこの写真。
見た人が涼しげな爽快な清流を感じてくれるとよいのですが
[PR]
by mugenz123 | 2008-07-05 22:35 | 陶芸

ホタルがいっぱ〜い。

裏の田んぼにホタルがいっぱ〜い出てる。

今は源氏ホタルらしい。

とりあえず、デジカメに写ったので掲載。

もっと蒸し暑くなるとホタルのツリーが見れるポイントがある。

今年も見れるとよいですが。(^^)

c0142471_2156745.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-07-02 21:56 | 田園生活

実山椒醤油漬け

実山椒が収穫できたのでさっそく醤油漬けを作ることに
以下がレシピ。
  
  
c0142471_995191.jpg


1 実山椒を軸から外し良く水洗いする。
  この実山椒を熱湯に入れ、10分程度茹でる。
  是を冷水にとり、水替えしあく抜きをする。
  (通常、1〜2時間)
※ びりびり感を余り好まない人はこの冷水につけるのを一昼夜ほど漬ける。
  しかし、一昼夜漬けると、正直腑抜けな実山椒に成るので注意。
2 是を水から上げ、充分に水気を取ったのち、鍋に入れ、ひたひたに浸かる
  程度の醤油を入れ是を加熱、沸騰して10分程度すればこの醤油を別の容  
器に移す。
3 この上から再び、新しい醤油(2)・酒(1)・味醂(1)程度の割合で  
ひたひたに
  浸かる程度の調味液を入れ、煮詰める。この時、完全に煮詰めれば実山椒  
が硬く成る
  ので1/3〜1/4程度の調味液に成る程度で火を止め、あら熱を取れば完 
 成。
  (焦げ付きに注意して下さい。)
5 小分けで空気が入らない様に袋に詰め、冷蔵庫保管すれば1年以上保管で  
  きる。
[PR]
by mugenz123 | 2008-05-23 09:11 | 田園生活