田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬支度

冬支度もかね仕事場の屋根が傷んで来たので屋根の塗装を業者におねがいしました。僕は高所恐怖症なので屋根の上では目眩を起こして腰を抜かしてしまいます。そうでなければ自分でペンキを塗るのですが。
c0142471_19365931.jpg
屋根面積だけで60坪なので大きな出費です(;;)。仕事場の周りの木も大きくなって、落葉がトタン屋根を傷めるので思い切って木を切り落としています。剪定した枝は乾燥させ燃やして釉薬の材料の灰をつくります。灰は一年くらい水簸して灰汁(水溶性のアルカリ分)を抜くとできあがりです。場合によっては何年も水簸します。この灰に長石などを混ぜると釉薬の完成です。今年は庭木の剪定の量が多いので仕事場の暖房に使うのものも良いかなと考えています。
[PR]
by mugenz123 | 2012-10-31 19:38

窯焚き

c0142471_943314.jpg
窯から出したばかりの揃い。久々の窯焚きだったので焼き上がりが心配でしたがどうにか無事に焼き上がりホットました。工業製品と違い手づくりの陶器は土と対峙し火と闘い天の気を伺い創作しますので自然と一体となる無我の境地が重要です。作品は己と自然との調和が生んだ結晶になるようにと願っています。
c0142471_1931311.jpg

ceramics produced by asakura

二窯目の織部がさきほど仕上がった。織部の名の由来は古田織部から来てる云われるが加藤唐九郎がオリーブ色から織部と云われるようになったと本にあったが‥‥古田織部説が正しいと思う。古田織部はアバンギャルドな人でユニークなデザインで時代を湧かせたが、徳川時代に移行する頃には織部のデザインは人気が落ち窯跡に織部デザインの器が沢山捨てられた。現代では再評価され数奇者に好まれる。この写真の織部は緑だが技法からいうと赤織部酒器になる。今夜も窯焚きで夜中に終了予定。
c0142471_19314630.jpg

ceramics produced by asakura
c0142471_9433140.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2012-10-09 19:33

満月の夜


Illustrated by asakura
c0142471_13401340.jpg


昨日は瞑想をするのに最もよいとされている満月でした。生憎の台風だったので見えなかった地域も多いと思います。ところでタイの僧侶は満月と新月に剃りを入れるので僧侶の頭で月の満ち欠けがわかります。タイに僧侶が多いのは短期出家制度と僧侶への尊厳があるからです。仏教徒の男子は人生のうち一度は出家して僧侶を体験します。そのまま寺に残って僧侶として生きる人が多いのは僧侶の立場や役割が日本とは大きく違うからです。
私が驚いたのは末期の入院患者の見舞いに僧侶を連れて行き、お経を上げてもらう事です。僧侶の役割は在家の一般人に癒しや希望を与え救済することですから、タイでは不思議ではないのですが日本じゃ大騒ぎになってしまいますね。福祉についても地方では寺の役割が大きく見習うべき事が多くあります。

日本は経済大国から転落し衰退の道をたどっています。自殺者も公の発表で3万人超えですが、WHOの自殺者の統計方法だと不審死の半分を自殺とするので10万人超にもなるそうです。ブータンのような経済的には貧国でも国民の幸せ満足度は高い国が多くあります。
日本人も経済中心から人間中心の幸福についてを考えなおすべきでしょうね
[PR]
by mugenz123 | 2012-10-01 13:45