田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

刺激される現代社会

 
 極端なまでに神経が刺激される現代生活では、

 私たちはいとも容易に苛立ってしまうようになっています。

 一日に何度も感情が私たちを圧倒しゆさぶります。

 事実、感情が私たちを占領し所有していまうのです。

 そして攻撃的になってしまいます。

 私たちは何か決断するときにも、

 そうしたもろもろの感情に相当程度影響されてしまいます。

 もはや私たちが自分自身でいられないとしたら、

 自分の人生を生き、

 自分の人生を決めているのが私であると、

 どうして言いうるでしょうか。

 


 
 
 
 静かな時間が必要なのです



 
 


 息を吸って、私は静か
 
 息を吐いて、私は微笑む
 
 このいまに生きることこそが
 
 私には、すばらしい一瞬(ひととき)

c0142471_17104141.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-03-27 17:12

微笑みを生きる

c0142471_1263467.jpg


いまこのときがすばらしい一瞬(ひととき)

毎日の繁雑な生活のなかで、
ときどき息に気づいてみることはすばらしい体験です。
意識的な呼吸の練習は瞑想室だけで行なうものではなく、
会社にいるときでも、家庭にいるときや、
車を運転したりバスに乗っているときでも、一日じゅう、
いつでもどんな場所でもできるのです。

意識的な呼吸法は、ほかにもいろいろな方法があります。
簡単な「人出息」の練習のほかに、息を吸ったり吐いたりするときに、
次のような詩をくちずさんでみることもできます。

    息を吸って、私は静か
    息を吐いて、私は微笑む
    このいまに生きることこそが
    私には、すばらしい一瞬(ひととき)
c0142471_1273162.jpg


「息を吸って 私はしずか」。この行をくちずさむと、
暑い夏の日に冷たく 冷えたレモネードを飲んだときのように、
涼しさが体に汲みこんできます。
私は息を吸いながらこの一行をくちずさんでいると、
本当に息が体とこころを静めてゆくのを感じることができます。

「息を吐いて 私は微笑む」。微笑みは何百という顔面の筋肉を緩めます。  顔面いっぱいの微笑みは、
あなたがあなた自身の主人であることの証拠なのです。

「このいまに生きることこそが」。私はこうしてここに坐っているとき、
ほかのことは何も考えません。私はここに坐って
私がこうしてここにいることに気づいているだけです。

「私には すばらしい一瞬」。しつかりと落ちついて坐り、
自分の息と微笑み、そして自分の真のすがたに立ち戻ることは喜びです。
いま、この瞬間こそが、私たちのいのちの実在の瞬間です。
 
 
 
私たちは、いま、ここ、この暖間でしか生きられません。



いま、このときにしずかなこころと喜びを味わうのでなければ、
いつそのような時が来るのでしょうか。
明日、それとも明後日でしょうか。
いまこのときの幸せをさまたげているものはなんでしょうか。
自分の息に気づいていつも離れずにいられたら、
「身もこころもしずかに微笑む、いま、このままが、すばらしい一瞬」と、  こころ  からいえるのです。
(『微笑みを生きる』春秋社・1995年より抜粋)

c0142471_1282026.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-03-26 01:32

木の葉

セラミックに生まれ変わった木の葉

或る日一枚の落ち葉を踏みかけたとき、
その一枚の葉のなかに、私は時を超えた究極の相(すがた)を見ました。

その枯れ葉はいま、
いのちをおえて無に帰ろうとしているのではなく、
湿った土壌に溶けこんで、次の春にかたちを変えて、
ふたたび木のなかに生まれ変わろうとしているのだと直観したのです。

私はにっこりと微笑んで、
「おまえは死んだふりをしているのだね」とつぶやきました。

この木の葉に限らず、
すべてのものが生まれたり死んだりするふりをしているのです。


c0142471_1163913.jpg

題 木の葉 作陶 朝倉塑象


釈尊は言われました。「条件(諸縁)が十分にそろえば、物体が現われる。
そして私たちはそれが存在しているという。


条件が十分でなくなると、私たちは物体を知覚せず、
それは存在していないという。
それが死(非存在)と呼ばれているものだ。




私たちの「死」んだ日は、私が自分以外の多くのかたちのなかで、
ふたたび「生」きはじめた日なのです。




あなたが自分の先祖たちと究極の次元で触れあう方法を知っていたら、
彼らはいつでもあなたと一緒にいるのです。

自分の手か、髪の毛に手を触れて、じつと見つめてみてください。
あなたの先祖たちがいつもあなたと一緒にそこにいて、
微笑んでいるのがわかるはずです。
[PR]
by mugenz123 | 2010-03-26 01:17

nirvana

作画 朝倉誠/塑象
c0142471_15291520.jpg
c0142471_15293051.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-03-21 15:30

数の単位と涅槃

作画 朝倉誠/塑象
c0142471_12553084.jpg


c0142471_1254484.jpg


c0142471_12581358.jpg


c0142471_1255884.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2010-03-12 13:01

nirvana


作画 朝倉誠/塑象
c0142471_21302537.jpg
c0142471_212935.jpg

涅槃図 極楽浄土図 彼岸図
[PR]
by mugenz123 | 2010-03-09 21:31 | 版画
涅槃の道 Way to nirvana のタイトルで絵を数枚制作してみた。

c0142471_16201999.jpg
c0142471_16203245.jpg
c0142471_16204655.jpg
c0142471_16205983.jpg

painted by makoto/soshou asakura 作画 朝倉誠/塑象
[PR]
by mugenz123 | 2010-03-08 16:22 | 版画

瞑想図


c0142471_1219544.jpg
c0142471_12202798.jpg
c0142471_12212882.jpg
c0142471_1221424.jpg
c0142471_12215848.jpg

イラスト/朝倉誠/塑象
[PR]
by mugenz123 | 2010-03-06 12:24 | 田園生活