田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

置ける掛け花

c0142471_14321757.jpg


花生けの花瓶は以外と場所をとるので、
壁に掛けたり床置きが出来るタイプを考案してみた。

このタイプだと狭い住まいでも置いたり掛けたりに
大きなスペースを必要としない。

この意匠風合いから考えてコテコテに生けるのでなく
道端で拾ってきた季節を感じさせる野花をさり気なく一輪だけ生けると
季節の旬感が味わえるとおもうのだが……

c0142471_14325349.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-23 14:34 | 陶芸

構想から3ヶ月

     構想から3ヶ月でやっと一点目の作品が仕上がった。

     焼物は仕上げるのに時間がかかる。。。
     3ヶ月もかかるとモチベーションの維持管理が大変。

     仕上がったものがイメージ通りでないとかなり凹む、、

     今回の仕事は喜納 昌吉の歌『花」
     川はながれ〜てどこどこいくの〜をモチーフにした。
     
c0142471_13211230.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-17 13:22 | 陶芸

制作コンセプト

 二極化したコンセプトに戸惑うのだ。

 お料理で例えると和食と洋食。
 和食は素材の味を活かし旬を味わう。
 素材にあまり手を加えない。
 洋食は素材にコテコテに風味を足して作り上げる。

 陶芸も土物は素材(土味)を活かすのでどちらかというと
 和食系‥‥
 だから絵付けとかの手を加えると土味が死んでしまう事がある。

 この事をボクは無作為の美と作為の美として整理している。
 無作為の美は自然の美をいかしたもので(和食、土器etc)
 作為の美はコテコテに技巧をこらし作り上げた物
(洋食、絵付け磁器etc)

 
 無作為の美といっても100%手を加えないのは無理なので
 どちらにも属さない
 中性な美をねらってるのだが
 これがムズカシイのだ‥‥(ため息)

 写真/中性な美を意識した花生け
c0142471_932841.jpg



 写真/雪どけの清流(無作為の美)のお皿アップ
c0142471_9325667.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-16 09:34

お休みの日

今朝、紫緑釉彩が焼き上がった。
今日は窯の都合で仕事は休みにして
朝から庭の散り始めた桜を肴に呑むことに(四ヶ月ぶりのお酒です)

写真/朝酒に用意した紫緑釉彩酒器と木の葉皿。
c0142471_16104765.jpg

写真/織部夫婦湯呑み
c0142471_1612228.jpg

椿花生け
c0142471_1613813.jpg
c0142471_16133095.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-13 16:16 | 田園生活

アーティストトーク

アーティストトークを茨城県立陶芸美術館でしてきた。

お客様は20名ほど。

内容は技法の解説や陶芸全般の話で、
鋭いツッコミもなかったので無事終了。。


c0142471_13523763.jpg



ところで、、、

会場に入る前に散髪をして小綺麗にしようと思っていたが、
今朝、焼成装置の設定ミスで窯が1380度にもなっていて
吃驚唖然騒然、、どひゃ〜〜〜、、で大騒ぎ事件があり
散髪に行けずボサボサへヤーでいったのだった。
窯が壊れてないか心配。

電圧テストではまだ窯は生きてるようだが、、
明日、窯を開けてみないと状況が判断できない。

よく聞く失敗で熱でんつい(温度計)をセットし忘れて
電気炉窯の温度が上がって窯が焼け融けたという失敗を聞きますが
焼成装置設定ミスもありえるので
電気炉をお使いの方はご注意ください。
[PR]
by mugenz123 | 2008-04-12 13:50

山菜ノビロ

最近、家の周りにノビロ(ノビル)が沢山でてきている。

ノビロは味噌和えにするととても芳醇美味。

手づくりパンが最近の主食なので生ハムにあわせていいただいている。

香りや辛みが強いのでさっと熱湯をかけると味がやさしくなる。

右の白いのは町村牧場のクリームチーズ。

手づくりパンと相性がよくメチャ、激、超、マイw〜ε( ´,_つ`)3
c0142471_8474745.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-11 08:52

陶器の肌と風景

陶器にはテクスチュアーやディティールなどの質感を表現する言葉に

肌合いとか風景とかがある。

ニュアンスとして人間がチョットだけ手助けして
後は火の神様が仕上げてくれた素材本来がもつ質感の力だ。

一方では人間が作為的に技巧をこらした人為的な質感もある。
(ボクが磁器でやる仕事etc)

どちらに価値があるとは言えないけど自然が持つ本来の質感には
どうも心を癒す美しさがあるおもうのだ

写真は少しだけの人間の手助けと木灰と土とが
火の神様の力で融合したもの
c0142471_1044020.jpg
c0142471_10413927.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-09 10:05

春の山菜

北海道から苗を持ってきて移植しといた山菜『アイヌネギ』が根づいた。
アイヌネギは寒い地方ので香辛山菜で
茨城県は暖かいので北海道より一足お先に収穫できる。

一般にはおひたしや醤油や味噌漬けにして食べる。
初物なので、ホームメイドのパンにベーコンを添えて生で味わう事に。
芳醇な山菜の香りと甘さがベーコンと相性がよい。
マイw〜なお味。ε( ´,_つ`)3
c0142471_1025518.jpg
c0142471_10243988.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-07 10:31 |

窯だし

窯だしが始まった。
窯蓋をドキドキしながら開けると熱風が‥‥
目を凝らしじっと見つめ数点取り出してみた。
出来が良いとドーパミンが溢れ(^=ω=^)
悪いとアドレナリンが溢れるΣ(・c_,・。ノ)ノ 。
陶芸の醍醐味はこの瞬間にあるんだろうな
c0142471_8451517.jpg

c0142471_8455785.jpg

c0142471_846213.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-05 08:47 | 陶芸

窯焚き

開いててよかったセブンイレブンのコンビニの24時間営業の日々が始まった。

窯焚きにおおよそ24hの時間が必要なのだ。

窯詰めして焙りの段階950℃までに睡眠はしっかりとるけど、

24h営業気分になる。

この繰り返しが2週〜3週間ほどつづく。

計8窯程の予定だ。

1作品が仕上がるまでに素焼き本焼き上絵焼きの工程が必要で

2〜6回程窯で焼かれる。
c0142471_8582586.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-04-04 08:58 | 陶芸