田舎で暮らすクリエイティブ生活


by mugenz123
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:陶芸( 21 )

茨城県陶芸美術館の催し



●光をはなつ−釉と金彩
10月6日(水曜日)〜平成23年1月23日(日曜日)
茨城県陶芸美術館
朝倉塑象作金銀彩大鉢を出品してます。

c0142471_17361489.jpg


c0142471_1521433.jpg



●人間国宝と古陶−対峙する眼と手
会期:平成22年9月18日(土曜日)〜11月21日(日曜日

「芸術上価値が高く、芸術に資する技術として貴重であり又は工芸史上重要な位置を占めるもので、かつ地方的特色が顕著なもの(重要無形文化財指定基準第4項)」 —当館では、開館以来、やきものの「技術」と「芸術」に注目し、重要無形文化財保持者—いわゆる「人間国宝」の作品の収集と紹介につとめてきました。

各地で古窯趾の発掘や研究が進み、多くの名品を目にすることができるようになった近代、日本の陶芸家たちは古陶磁と対峙しました。ある作家は産地に眠る古来の技術を「復興」することから、またある作家は、他産地の窯を巡るなかで「発見」した技術を、自らの制作の刺激剤とすることから,新たな表現を生み出しました。「人間国宝」たちは、それぞれの地方に伝わる技術をどのように継承し、またどのように新たな表現を生みだしてきたのでしょうか。

本展では、今年度新たに認定された加藤孝造(瀬戸黒)を含む陶芸分野の人間国宝34名の作品が勢ぞろいします。古陶磁と近代の名品を向かい合わせて展示し、人間国宝たちの技術のルーツと、新たな表現の展開を探ります。

●古陶の譜−中世のやきもの 六古窯とその周辺
会期:平成23年1月2日(土曜日)〜3月21日(日曜日)

六古窯とは、今も連綿と続く備前、丹波、信楽、常滑、瀬戸、越前の総称です。戦後まもなく提唱され、中世陶磁器の代名詞として定着しました。しかし近年、全国各地で古い窯跡が相次いで発見され、その見直しが図られています。日本人の美意識の源泉ともいうべき六古窯をはじめ各窯業地の名品を紹介します
[PR]
by mugenz123 | 2010-10-07 15:22 | 陶芸

感謝の個展

近所のこんこんギャラリーは、
10年ほど前に八郷地区の作家がボランティアで廃材などで作った
手作りのギャラリーです。
有志である各ジャンルの作家が当番制で木金土日と祝日の
11〜5時まで店番をしている。

お世辞にもお洒落とは言えないし多少オンボロだけど
有志作家がボランティアで運営していて温もりや優しさに満ちていて
エコ精神と相まって味わい深いスペースとなっている。

田舎の人里離れた場所なので人はあまり来ないが
来客にはとても丁寧な応対がされるので、
個展を開く立場のボクとしては有志の奉仕の心に深く
「ありがとう。」と感謝してる c0142471_6102681.jpg
http://gkonkon.exblog.jp//
[PR]
by mugenz123 | 2009-06-06 06:16 | 陶芸

窯焚き


c0142471_854744.jpg
c0142471_21291662.jpg


昨夜の午後六時に火入れをした。
終了は今日の午後8時予定。

陶芸作品の構成は四界の火水土風のエネルギー集合体である。
どの要素も欠如すると作品にならない。
この構成要素にプラスされるのが人のエネルギーで
役割は映画監督のような立場。
出過ぎると役者の個性が死が死んでしまうし、
出なさすぎるとスタッフ全体のまとまりがなくなる。

陶芸作品は作家が作ったのでなく四界の火水土風のエネルギーに
作家が手を貸しただけなのである。

http://www.h6.dion.ne.jp/~konkon/
http://gkonkon.exblog.jp/
c0142471_8533654.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-06-01 09:00 | 陶芸

怪しげな穴堀

c0142471_6375665.jpg

実は近所に1000年くらい前の古窯後がありその周辺に良い粘土があり手掘りで採土して風雨にさらしてアク抜きして陶芸に使用する粘土としてストックしておいた。
そのことを知った役所の観光課が採土に資金協力してくれることになり、とりあえずお披露目に小品展を近所の「こんこんギャラリー」でやることになった。下は案内状。
c0142471_6393679.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-05-24 06:42 | 陶芸

八分連譜の痣

左手親指の爪の中に
打撲で八分連譜♫の痣ができてしまった。
なんだか縁起がよさそうなので、
消えないでと思っている。
写真は写りが悪いけどしっかりとした八分連譜♫です。

ところで陶芸などのハンドクラフトをしてると
制作作業でミルという感覚を総動員している。
ミルは、視る、見る、看る、観る、をすべて使う。
そのなかで念で見るのは「観る」で、手の目で見るは「看る」だ」
陶芸の制作には手で見る「看る」が一番重要で
次に観る、視る、見るとなる。

そんなわけで看る手に八分連譜の痣ができたのは
なにか良い事のお告げかな?。
c0142471_15522269.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2009-02-21 15:53 | 陶芸

個展の案内

つくば市で10/13(月)〜28(火)迄個展を開きます。
初日、土日の祝祭日、最終日は在廊してます。
オーナーのおいしいお茶サービスもあるので
遊びによってください。

開廊時間PM1:00〜PM6:00
休廊:水曜日
TEL029-851-6600  HP http://www.g-saika.com/
つくば市小野崎170−1
アクセスマップhttp://www.g-saika.com/access.htm

c0142471_651281.jpg
c0142471_6592641.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-09-29 06:54 | 陶芸

試作

試作品
c0142471_2029028.jpg

色絵磁器の試作品を作ってみた。
[PR]
by mugenz123 | 2008-08-09 20:35 | 陶芸

織部の肌合い

織部焼きには赤織部、黒織部、青織部など色々なタイプがあり
古田織部(昔の陶器のアートディレクター)の意匠から名称はきてるらしいが
外国人がオリベが緑なのでオリーブと呼んで
オリーブ=オリベになったと言う諸説などがある。
どれが本当か知らないけど、古田織部説が有力だとおもう。

冬場に茶懐石などで織部づくしのもてなしなどもあって
和食器の中では伝統的な意味でも代表といえる。

c0142471_22342251.jpg

c0142471_8482722.jpg


最近は絵付けの磁器など色んな事してるけど、
織部研究というか織部制作年数は15年だ。
なので、焼成や配合や土など多少の知識がある。

そんなわけで涼しげな清流と水草のイメージで夏向けのデザインを
してみたのがこの写真。
見た人が涼しげな爽快な清流を感じてくれるとよいのですが
[PR]
by mugenz123 | 2008-07-05 22:35 | 陶芸

材料仕入れの日

今日は材料仕入れに笠間にいってきた。

赤土10体、芯だし機(普通プロは使わない)を購入。

多治見にも磁土と白土と赤土を電話で注文。

笠間の陶料屋と多治見の陶料屋からも不景気な話を聞いた。

_¢(・ェ・`=)~ 我思激悪的社会状況 !!
[PR]
by mugenz123 | 2008-05-15 18:47 | 陶芸

お得な話

今、茨城県笠間の陶炎祭4/29^5/5に出店している。

陶器がお安い話ではない。。

ある有名陶芸作家さんから聞いた話である。

電気炉の場合基本料金がエコシステムを使うと半額になるというのである。

毎月基本料金だけで2万5千円払っているので

半額になると諸物価高騰のおり激&超感激である。

問題は設備費がかかることだ。

5年ローンにするとローンの支払いがあっても毎月7千円ほど安いそうだ。

詳しくは陶炎祭が終了したら取り扱い会社に連絡をとってみて

ブログ書こうとおもってる。
c0142471_6443435.jpg
c0142471_6445398.jpg

[PR]
by mugenz123 | 2008-05-02 06:46 | 陶芸